スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連休+休暇で自転車旅行しました⑤

どうも、自転車旅行の続きです。

Day5 平塚→江の島→小田原

DSCN0831_convert_20121017223948.jpg
出発直後から鳥居に吸い寄せられるように平塚八幡宮に参拝しました。

最近は手水舎や神前に作法の張り紙をしているところも多いですが、一応正式のサイトを紹介します。
http://www.jinjahoncho.or.jp/iroha/omairi/index8.html

いざ爆走!国道134号!・・・途中でサイクラーの一団が颯爽と抜いていきました。
荷物と走行時間のせいということで納得をですね。ええ。

DSCN0843_convert_20121017225449.jpg
そんなこんなで江の島到着です。

江の島島内は大まかに3カ所に分けて考えられます。
DSCN0850_convert_20121017231431.jpgDSCN0851_convert_20121017231307.jpg
・手前の参道、江島神社辺津宮

DSCN0865_convert_20121017231658.jpgDSCN0888_convert_20121017231741.jpg
・中間のサムエルコッキング苑、展望灯台

DSCN0900_convert_20121017232103.jpgDSCN0907_convert_20121017231937.jpg
・奥の江の島岩屋

奥の岩屋まで行くかどうかでプランが大きく変わってきます。
HADESは岩屋まで歩いたのですが、自転車の疲労があるとは言え成人男性でも結構きつい行路だと感じました。
DSCN0914_convert_20121017232429.jpg
少しでも楽にする意味で前半に登りエスカレーター「エスカー」を使った方がいいです。
どちらにしろ帰りは歩くことになるので途中の様子はそこで見れば良いからです。
で、サムエルコッキング苑・展望灯台・岩屋に入ってエスカーも使うとなると
江の島1Day パスポート“eno=pass"がお得です。

DSCN0916_convert_20121017232944.jpgDSCN0915_convert_20121017233008.jpg
えの・しま・どーん(サザエの卵とじ丼)と生しらすを食べて、

DSCN0838_convert_20121017232733.jpg
趣のある小田急 片瀬江ノ島駅に寄ってから帰路につきました。

明日はいよいよ箱根だ、ということで手前の小田原で宿をとることに。

DSCN0924_convert_20121017234138.jpg
小田原入り後は宿泊手配や旅装解除、タイヤ空気入れ、おやつ&ティータイムなどなどを行い、
小田原城に着いた時点で中には入れない時間でした。
仕方なく夕食まで城の前でぼんやり、でも案外こういうのが一人旅で一番贅沢な時間なのかも知れない。

DSCN0926_convert_20121017234546.jpg
夕食は天ぷら定食を食べて、もう少し蛋白が欲しいかと思ったので豆乳を飲んで、やはり9時台に寝ました。

つづく。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お久しぶりです。
S香様からのmail で自転車旅行日記を知りました(^^)

風景, 食事などなどいいですね。南伊豆の写真を見て、弓ヶ浜界隈で一カ月ほど生活していた時のことを思い出しました。

全行程で何キロ走ったのでしょうか??
500㎞は超えていますよね。恐らく..
さらに細くなったんじゃないでしょうか。

Re: No title

>国道774号線さん
お久しぶりです。やはりその情報ルートでしたか。

写真ほめていただきありがとうございます、詳しくなくて自信なかったので助かりました。
弓ヶ浜界隈、そういえばありましたね。

全行程は500km足らずといったところです。
体重は健康診断以来測っていないもので分からないです。。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
MHF・ブログ モンスターハンターランキング
プロフィール

はーです

Author:はーです
MHFサーバー③所属

2011/1/22 時点
金銀 非火事場 1:25
   火事場  1:21
チケ 非火事場 1:40
   火事場  1:28

アクラ討伐数3000に到達
金銀、適正の非火事場を更新
でもまだまだ未熟者

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。